Windows 7

Windows 7でのAndroid開発環境

Windows 7、64Bit、Premium HomeにAndroid開発環境を作ったときの注意点。

  • Eclipse
  •  32BitバージョンのGalileo(バージョン3.5)。これはAndoroid SDKがHeliosにまだ対応していないため。

  • JDK
  •  32 Bit版 1.6.0_21。このレビジョン21は初期のものだとうまく動かないとかで、最新のものをダウンロードする必要あり。

  • Android SDK
  •  最新のものをインストール。Backward Compatibleで、以前のOSバージョン対応のソフト作成も最新のSDKで大丈夫。もっとも、2.2のSDKを使い始めてしまったので、それ以下のものを作るのが億劫になるかも。

  • パーミッション

Windows 7の共有フォルダにXPからアクセスする方法

Microsoftがセキュリティのためにデフォルト設定を厳しくしたので、Windows 7のフォルダを共有するのが難しくなっている。そこでウェブではなかなか見つからなかった部分を解説する。使っているのが英語版のWindowsのため、設定項目は適宜、日本語に置き換えてもらいたい。

Windows 7 同士の共有
PC環境
基本環境は以下の通り

  • すべてのPCを同じワークグループ名(デフォルトではWORKGROUP)にする。
  • 使用するのはWindows 7 ホームプレミアムかそれ以上のエディション
  • 両方のマシンでまったく同じユーザーアカウントを作る。
  • このとき、ユーザー名とパスワードを完全に一致させておくこと。

Windows 7 ホームプレミアムでタスクスケジューラーでバッチファイルを動作させる方法

Macの共有フォルダにアクセスできるようになったので、その機能を使って自動的に共有フォルダをWindows 7のフォルダにバックアップするようにした。バッチファイルを使ってタスクスケジューラーで設定すれば簡単かと思いきや、意外とはまったのでメモしておく。

  1. バックアップしたいMacのフォルダは自分とは別のユーザー(User1としておく)アカウントなので、バッチファイルをUser1のユーザーフォルダの下に作る。オーナーもUser1にしておく。

    c:\Users\User1\Backup.bat

    という感じ。

Batch File Task

Batch File Task

Windows から Mac Snow Leopardのファイル共有を使う

iMacのファイルをWindows 7からアクセスするのはファイル共有を設定すればうまくいくはず。いろいろなところに方法が書いてあるのだけれども、どれも完璧ではなく、落とし穴があったので注意点を書いておく。

Windows Explorer

Windows 7のログオン画面を変更

家で使っているWindows 7マシンはめったにログオフすることはないけれども、会社のはポリシーにしたがってロックするようになっている。なので、ちょっと休憩とかするとログオン画面に戻っていることが多い。

そこでログオン画面をカスタマイズ。と思ったけど、これが結構めんどい。レジストリを変更して解像度ごとの画像(256kb以下の制限あり)を用意するなど手間がかかる。

で、見つけたソフトがこれ。

Vaio (Windows 7) にXAMPPLiteをインストール

ウェブサイトのコンテンツを出先でも編集したり、実験用としても使えるサーバーとしてノートパソコン(Windows 7 32Bit)にもXamppをインストールしてみた。今回選択したのはXAMPPLite 1.7.1. 最新バージョンにしないのはphp5.2.xが使えるようにするため。Drupalはphp5.3に対応していないので。

ファイルはここから。
http://sourceforge.net/projects/xampp/files/

回答したすべてのファイルをc:\xamppliteへコピー。その後、setup_xampp.batを実行する。

その後、XAMPP Control Panel(xampp-control.exe)を実行する。

Windows 7 とXPでファイル共有がおかしくなったとき

メインマシンをWindows 7に変えてからずいぶん経つが、Win 7から XP の共有フォルダは見えても、XPからWin 7の共有フォルダが見えなかった。それどころか、Win 7のマシン自体も見えず(Permissionがないと怒られる)、さらにはWorkgroupそのものにさえPermissionがないと怒られるようになってしまった(最初からそうだったのかもしれないけど、今日まで気がつかなかった)。

Googleしてたらウソみたいな解決方法を発見。

http://forums.techguy.org/networking/433515-workgroup-not-accessible.html

ずいぶん古い投稿だが中ほどにある方法

ReadyBoost Windows 7 vs. Vista

職場と家でそれぞれラップトップを使っているんだけど、どちらもメモリは2GBあるけど、それでも重いアプリを同時に使うことがあるので、Vistaで導入されたReadyBoostを使ってみた。

ReadyBoost ビスタの場合


職場で使っているビスタの場合、USBドライブのプロパティにあるReadyBootタブは2つの選択肢のみ。メインメモリの2倍の容量が推奨されていると言うことで4GBのUSBはちょうどぴったり。まぁ4GBがReadyBoostの上限なのだけど。

最大解像度を調べる方法

昨日のWindows 7のインストールに気を良くしたので、もしかしたらモニターを買ってつけてマルチモニター化したら、このLaptopも結構使えるのでは、という気がしてきた。となると、狙うは最近では標準的になったワイドモニター。

が、外部モニターをつけてどのくらいの解像度まで行けるか分からない。例えば23インチとかにすると1920x1080とかだけど、Laptop側がサポートしてなければどうしようもない。ところが、外部モニターの解像度って言うのは、結構、調べるのが大変。

コンテンツ配信