クイック検索

2008年までご愛顧いただいた「目指せFI」ウェブサイトは2009年、「FI Planning」として全面リニューアルいたしました。

今後は新ウェブサイトをご利用いただきますよう、お願いいたします。

www.fiplanning.com





家を維持できるでしょうか?
 投稿者:ポピー 投稿日:2008/05/21(Wed) 11:48 No.5086
 
貯金に励んだ甲斐あって家を買うお金が出来たものの、今日の注目記事にあるように果たして維持できるかで悩んでいます。

買いたいと思える家のProperty Taxを計算すると税込み固定給(他にボーナス等ありますがそれは含めていません)の17〜22%ぐらいになります。税理士に相談したんですが、現時点ではAMTのためProperty Taxの所得税控除はほとんどできないようです。家自体はキャッシュで買えるのでモーゲージの心配はいらないしこのProperty Taxも現時点では払えない額ではないのですが、問題はリタイア後のことです。リタイア後に毎年それだけのお金を払い続けることがどんな意味をもつのかが未知数です。

カリフォルニアなので、Proposition 13のためにProperty Taxの値上げは年間2%でキャップされていて、同じような家でも30年前に買った人と、今年買った人ではProperty Taxの額は数倍以上違うようです。ともかく今買って果たして20年後に「あの時買っておいて良かった」と思えるのか(今後のインフレ率と家価格の動向によるんでしょうが)。

またリタイアに際して、Property Taxを払い続けるために余分な資金が必要になる、そのためにリタイアを先延ばしする必要が出てくるのではというのが一番大きな心配です。例えば年間のProperty Tax1万ドル分につき250K余分にリタイアメント資金を貯めたらどうにかなるか(例:年間のProperty Taxが3万ドルなら、750Kのリタイアメント資金を余分に用意)・・・大まかにそんな計算をしているのですが、楽観的過ぎるでしょうか?それとも過度に心配をしているんでしょうか?

今は比較的好環境の一軒家を賃貸してレントは税込み固定給の10%以下になります。同じ地域なのに買うのと借りるのではギャップが大きすぎて、標準的な物差しが使えなくなってきました。

保険や修繕費などは標準的な価格のようなので、一番の心配はProperty Taxです。できるならば、リタイア後も今住んでいる町で暮らして行きたいと思っています。家を買ったらその後は買い換える予定はなく、そこで老後を過ごす予定です。

こういった条件で家を買って維持できるでしょうか?皆さんの意見を聞かせて下さい。同じような悩みを抱えてらっしゃる方はおられますか?


Re: 家を維持できるでしょうか?
 グルメ - 2008/05/22(Thu) 05:57 No.5087
 

ボビーさん、

私もカリフォルニアに住んでいるので、興味深く読ませていただきました。
Proposition 13は、いい面悪い面両方あり、常にControversialですよね。
20年後に家がかなり値上がりすれば、確かにProperty Taxが買ったときの値段を元に計算されるこのシステムだと、同じ家でも買った時期によって、かなりの違いがでてきますよね。でも20年後の値段がどうなるかとなると、何も確実なことはないですよね。

私自身の経験で言えば、サンフランシスコベイエリアのハイテクブームのピークの2000年頃に買ったので、買うときはもうこれ以上今後値上がりする余地はないだろうと思い、投資としてではなく住家として購入しました。
ところが実際には、それから値段が倍増しました。
近所で最近買った人のProperty Taxを計算しては、高いモーゲージの上に高いTaxを払っているんだろうと想像し、2000年に購入してよかったとつくづく感じています。
ただ、これも結果論でしかないのですが。

しかし私も同じような悩みというか、今住んでいる地域はいいところなのですが、例えばもしリタイア時に今の家を売り払って、同じ値段で田舎に家を買った場合、せっかくモーゲージは無しの状態にしても、Property Taxが高くなれば負担は大きくなるわけです。

私たちの場合は401Kからの引き出しもある予定なので、Property Taxは控除になるとは思いますが、それでも実際数字的にはどうなるかわからないですよね。
でもリタイア時にもし家の買い替えができなそうなら、今の家に住み続けることができるので、少なくともProperty TaxはProposition 13が”有効である限り”Lockできるのでとりあえず心配してはいないですが。

単純な問題ではないのですが、とりあえず家を買うということで、家賃の値上がりの心配もないし、リタイア後に確実なことが少し増えるということはあるかもしれません。


Re: 家を維持できるでしょうか?
 ポピー - 2008/06/14(Sat) 12:06 No.5119
 

グルメさん、お返事をありがとうございました。急に旅行が挟まり、お礼が遅れて申し訳ありません。

確かに2000年頃は「もう上がらないだろう」と言われたのに、それから2倍以上になってますよね。あの頃に先見を持って買われたのは羨ましい限りです。

固定資産税を○千ドル払うは覚悟していましたが、○万ドルの単位になることは実際に計算してみるまでピンときませんでした(汗)。今家を買える人はきっとすごいお金持ちなのでしょうね。

20年後に「あの時に固定資産税をロックインしておいて良かった」と思えるのか、難しいところですよね。夫はお決まりの「もう2年待とう」というスタンス(これを何年言い続けてるか・・・)に落ち着きつつあるんですが、もう一度じっくり考えてみようと思います。

ちなみに、「年間のProperty Tax1万ドル分につき250K余分にリタイアメント資金を貯める」というのは、妥当な目安でしょうか?


Re: 家を維持できるでしょうか?
 ポピー - 2008/07/15(Tue) 01:31 No.5150
  <Home>

またProposition 13について調べていたのですが、カリフォルニアにはProposition 60というのが別にあり、「55歳以上の人が自宅を売って2年以内に売った家の時価と同額かそれ以下の家を同カウンティー内に買って移り住む場合、元の家のProperty Tax Baseを移行・キープできる」というルールがあるそうです。これは、生涯に一回だけ適用できるルールだそうですが、子供が独立したあとの老夫婦がProperty Taxの心配をせずに小さめの家に移り住むことができるようにという配慮だそうです。カウンティーによっては、他のカウンティーでのProperty Tax Baseを受け入れてくれるところもあるようです。

リンクに州の情報を入れておきました。





Re: 家を維持できるでしょうか?
 Nobu - 2008/07/15(Tue) 11:41 No.5153
 

Property Tax Baseをキープできるというのは面白いルールですね。うまく行けば大きな家を売って、Equityを使ってローンを組まずに、Property Taxも高くならずに暮らせるのなら、リタイア後に出費を減らす方法として使えそうですね。


Re: 家を維持できるでしょうか?
 ポピー - 2008/07/15(Tue) 14:30 No.5154
  <Home>

カリフォルニアのルールでは、キープできるだけでなく、場合により子供が親のTax Baseを受け継ぐこともできるんですよ(リンクに情報をつけておきました)。

でもこんな知識を蓄えても、目前の3万ドル強の固定資産税を毎年払う覚悟のできない私達には何の役にも立たないんですが(笑)。



Re: 家を維持できるでしょうか?
 グルメ - 2008/07/19(Sat) 00:59 No.5158
 

そういえば聞いたことがあったのを思い出しました。
今回しっかり確認させていただきました。
ありがとうございました。

そうすると私の場合tax baseが2000年となるので、
55歳まで住み続けてから、
同じカウンティ内またはトランスファーが認められているカウンティ内で
小さな家に移った場合、capital gain taxも払わなくてもいいわけで、
(up to $500K per married couple, $250K individual)
property taxを上げることなくretirement資金の一部をtax freeで調達もできるわけですよね。


車のExtendedWarrantyについて
 投稿者:ヘレンさん 投稿日:2008/07/15(Tue) 04:12 No.5151
 
新車で購入した車のWarrantyが切れるとDealerから連絡をもらいました。

皆さんは、ExtendedWarrantyに入られますか?

値段は3年で1000ドルぐらい、もしもWarrantyが切れていれば、もっとするようです。
最近よく利用するRepairShopでは、「無駄無駄!ちゃんとオイル交換してれば問題ないよ」なんて言われましたけど、商売敵?に聞いても意味ないですよね。


Re: 車のExtendedWarrantyについて
 Nobu - 2008/07/16(Wed) 12:03 No.5155
 

まず、その連絡が本当にDealerのものか、確認してみてください。私の場合、別の業者がRMV(DMV)の登録情報か何かから推測して、「そろそろ普通の人ならWarrantyが切れるだろう」という時期に何通も勧誘が来ました。

これらの業者のExtended Warrantyでも良いものもあるかもしれませんが、どのような条件で何が保証範囲なのか、確認する必要があると思います。Powertrain(駆動系)だけの保証が多いと思います。その場合、例えばAuto Windowが壊れても、車は動くので保証対象外になります。


Re: 車のExtendedWarrantyについて
 ヘレンさん - 2008/07/17(Thu) 02:27 No.5157
 

Nobuさん、早速ご返事ありがとうございます。
駆動系だけの保証というのがあるのを初めて知りました。
電話番号が残っていたのでかけ直したら、不通でした。勧誘だったのかも知れませんね。


indyMacの破綻での今後 投稿者:yama 投稿日:2008/07/15(Tue) 06:29 No.5152  
どうも、nobuさん、こんにちは。

友達のMortgageを持っているのバンク、IndyMacが破綻しました。
Mortgageはどっかのバンクに受け継がれるのではないかと思うのですが、今後、気を付けなければいけない所とかありますか?


Re: indyMacの破綻での今後
 Nobu - 2008/07/16(Wed) 12:07 No.5156
 

既にMortgageを持っている人の注意点としては、Mortgageが他の会社に売られた場合、支払い先が変わることでしょうか。別の会社でなくても清算することになったら、変更があるかもしれません。この連絡がちゃんと来なかったり、小切手を送っても新しい会社で処理されなかったりということがありえます。

また自動支払いなどを設定している場合でも、新しい支払い先でもう一度登録しなければならなくなるでしょう。


RothIRAは預金保険機構で保証されていない?
 投稿者:ヘレンさん 投稿日:2008/07/03(Thu) 02:19 No.5140
 
はじめまして。いつもこのサイトで勉強させて頂いてます。在米数年を経て、ようやく永住権の申請も始まり、年は食ってしまいましたが、腰を落ち着けてIRAや401(k)を始めようと思っています。
さて、ちまたの銀行でCDなどのレートが良さそうなところを見つけ、IRAの情報を読むと、最後のところでFDCの保証は一切ない、銀行の保証はない、などの注意書きがあり気になっています。
どうも、銀行のグループに所属する投資会社が直接は担当するようですが、実際の運用先がCDなどであれば、リスクはないと思うのですが、どうなんでしょうか?
通常IRAの運用にはFDCの保証がないモノなんでしょうか?
基本的な質問で恐縮ですがお教えください。よろしくお願いします。


Re: RothIRAは預金保険機構で保証されていない?
 Nobu - 2008/07/03(Thu) 11:55 No.5141
 

IRAやRoth IRA、401(k)は物を入れる容器、CDや株、Mutual Fundなどは中身だと考えると分かりやすいと思います。容器のほうには税金の運用ルールが決まっていますが、何を入れるかは自由です。その中身としてCDを選び、それにFDICの保証が付いていれば、もちろん、保証されます。付いていない投資先、株やFundなどなら別の話になります。

銀行の場合はIRAにCDでも株やFundでも入れることも出来るので、投資商品はFDICの保証はない、と書いているのでしょう。

ただ、IRAを銀行でCDで運用するのがヘレンさんの目的に合っているかどうかは検討するほうが良いと思います。


Re: RothIRAは預金保険機構で保証されていない?
 ヘレンさん - 2008/07/04(Fri) 04:26 No.5142
 

Nobuさん、早速分かりやすい解説をありがとうございました。
実は、今後2年以内にFirsttimeBuyerとして家を買う予定にしており、Rothからの引き出しはペナルティなしというのを知って、普段CDに入れていたモノを集めてIRAに持って行こうと思った次第です。
ただ、おっしゃるとおりCDで運用するのが良いか?と言われると、株やFundに対する分析知識が少ないために躊躇しているのが現状です。


口座開設においての質問 投稿者:えびせん 投稿日:2008/06/24(Tue) 04:10 No.5131  
こんにちは。いつもこのサイトで勉強させてもらっています。先日、HSBCDirectで口座を開設している途中で、このサイトでも言及されていたような「クレジットヒストリーからあなたは○○銀行に住宅ローンがあります。毎月の支払額を下の選択肢から選んでください。」などの質問をされました。私には、全く覚えのないもので選択肢の中の一つのNone of themを選択しました。これは、単なる質問と片付けていいのでしょうか?まさかfraud?かと、すこしですが不安もあります。ちなみに、私は、自身のクレジットスコアーをチェックしたことはありません。皆さんの経験を聞かせてもらえばと思います。



Re: 口座開設においての質問
 H - 2008/06/24(Tue) 05:26 No.5132
 

本人かどうかを判断するためのヒントになる単なる質問かと思われるので心配することはないでしょう。


Re: 口座開設においての質問
 えびせん - 2008/06/24(Tue) 09:05 No.5133
 

早速の返信ありがとうございます。安心しました。内容が、2002年の5月から住宅ローンをしていますねとか、2006年から車のローンをしてますねなどの質問が立て続けに来たので、慌てました。


Re: 口座開設においての質問
 らら - 2008/06/25(Wed) 13:38 No.5136
 

横レスで申し訳ないのですが、クレジットレポートは年一回くらいチェックした方がいいですよ。今は年一回は無料のはずですし。私は携帯電話の契約に異常に高いデポジットを要求されたりしておかしいと思ってクレジットレポートをチェックしたところ、ID Theft されていました。撤回およびクレジットレポートの訂正に一か月(最短期間)を要しました。


Re: 口座開設においての質問
 えびせん - 2008/06/25(Wed) 14:19 No.5137
 

ららさん。Suggestionありがとうございます。
さっそくクレジットレポートをチェックしました。幸いにも問題はありませんでしたが、無料だけで終わろうと思っていたところ、(調査会社の思惑通りに)スコアーを見てみたくなってしまい、2社からスコアーを、「つい」購入してしまいました。反省。


Re: 口座開設においての質問
 Nobu - 2008/06/27(Fri) 20:07 No.5138
 

スコアーは一度も見たことがないのであれば、ちょうど良かったのではないでしょうか。ただし、無料レポートと一緒に買うスコアのうち、一般的に使われているFICOスコアはEquifaxのものだけなので、気をつけてください。


Re: 口座開設においての質問
 えびせん - 2008/06/28(Sat) 10:05 No.5139
 

Nobuさん。アドバイスありがとうございます。
まさに、そうなんです。2社購入したのは、まさにTrans Unionを最初に開いた時に、ScoreをFICOと早とちりして購入したからでした。勉強になりました。



帰国の際の口座の保持 投稿者:ハリー 投稿日:2008/06/24(Tue) 09:30 No.5134  
こんにちは、初めまして。勉強させていただいています。
先日、こちらで働いてきた会社で解雇されてしまいました。いろいろ考えたあげく日本に帰ることにしました。しかし、銀行の口座やクレジットカードなどの口座はしばらくは保持したいと考えています。さらに株の口座も作ったばかりで、ETFなどの株を数種類買った後に、ほとんどはかなり暴落してしまいました。
グリーンカードはあるのでしばらくは移民としてのステータスで保持出来ると思うのですが、日本で住民登録した場合は自動的にグリーンカードが無くなるのでしょうか?そうなると、こちらでの様々な口座は保持出来なくなるのでしょうか?教えて下さると幸いです。



Re: 帰国の際の口座の保持 Nobu - 2008/06/24(Tue) 11:05 No.5135  

こんにちは。予想外の帰国になってしまい、大変なことでしょう。銀行口座をどのようなステータスで保持できるかは金融機関によって違うようです。外国に住所がある外国人でも住所変更だけで大丈夫な場合もあれば、口座を閉じるように言われる場合もあるようです。

グリーンカードのステータスについてはこのサイトでカバーしきれない部分ですので、分かりません。口座の維持と関係がある部分もありますが、本当に帰国するのであれば、グリーンカードのステータスを維持すると米国でも納税義務が発生するので、最終的にどちらが良いかはケースバイケースのようです。


SUZE 投稿者:mi 投稿日:2008/06/22(Sun) 11:52 No.5126  
こんにちは、今日の注目記事!をたのしみにしているものです。
MONEYという雑誌を読んだところ、SUZE女史のインタビューがありました。現在女史はINDEX FANDのファンではなく、数年前から、ETFのEEM(Emerging markets)やUSO(Oil)やXME(金属資源)のファンなんだそうです。いずれも、バブルのような感じで、ものすごい成績ですが、どなたかSUZE女史がなぜINDEX FANDよりもこれらのETFが好きなのが、背景をご存じの方がいましたらぜひおしえてください。それと、今後数年はまだまだこれらのETFか好成績を収めると女史は考えているのでしょうか?個人的には、これらのFETも今度投資バランス良く何%か組み込んでもいいかなと思っています。何%とうのが悩みどころですが。


Re: SUZE Nobu - 2008/06/23(Mon) 08:24 No.5129  

誌面ではもっと詳しいのかもしれませんが、元記事はこれですね。

http://money.cnn.com/2008/06/19/pf/Suze_Orman.moneymag/index.htm?section=money_pf

これを読むと確かに「以前のSuzeと違う」と思ってしまいますよね。だたIndex Fund(Uです)だけではなくて、もっとアクティブにならないといけない、と言っています。これはもしかしたら、「Index Fundをコアとして、それにいくつかの自然資源関連のETFを足してみては?」と言ったことを編集でもっとドラスティックな感じに演出したのかもしれません。

そのうち、テレビとか雑誌とかでもっと話が伝われば真意が分かるかもしれませんね。


Re: SUZE i - 2008/06/23(Mon) 17:49 No.5130  

「数年前から」ということなので時期が重なると思いますが、彼女は手堅くInsuredの地方債で流動資産のほとんど?運用しているということでした。数字は確かでないのですがそれは$25M、一方、株式(ファンド?)には$1Mだったかもしれません。 彼女の場合、資産形成はもう卒業で、資産の保全を主に考えているのだなあと思った記憶があります。さすがユダヤ系、しっかりしている。ファンといっても最大26分の1しか資金を投入しないのであれば、変動リスクも微微たるものです。


EE Bond について 投稿者:らら 投稿日:2008/06/21(Sat) 15:39 No.5124  
何年か前にアメックスのファイナンシャルアドバイザーにいろいろ相談して口座を開設すると $100 キャッシュバックというキャンペーンがあり、その時期にアドバイザーにあって投資を始めて $100 はチェックのようなものを受け取りました。全然アメリカでのファイナンスの知識がなかったので、「銀行で換金できる」と言われたので銀行に持って行ったところ「これは長く持てば持つほどいいものだから、今換金しない方がいいですよ」と言われそのまま持ち続けていました。

今日、そのチェックのようなものを改めて見てみたところ、「Savings Bond Series EE」と書かれていました。小切手だと思っていたものが国債だったようです。

そこで、こちらのサイトの国債のページを読んでみたのですが、「Series EEは額面の半額で購入します。$50の額面のEE Bondは$25で購入できます。ただし、この額面に大きな意味はありません。購入した額に対して利息が付いていきます。」という部分の意味がよくわかりません。例えば $100 と書かれているならば $50 の部分にしか利息がつかないということなのだと思うのですが、換金する場合、今私が持っている $100 と書かれた EE Bond を換金しても $50 しか戻ってこないということなのでしょうか?

ちなみに2004年に発行されているので、5年後の2009年以降がいいのですね。しかも、すぐに換金できないことも知りませんでした。ちょっと騙された気持ちです(その後自分でいろいろ勉強をして、この時に勧められたプランは全然良くないものだったことがわかって解約した、という経緯があるので余計そう思うのかもしれません)。


Re: EE Bond について Nobu - 2008/06/21(Sat) 22:07 No.5125  

EE Bondで$100と書かれてあるのならもらった瞬間には$50の価値だったのだと思います。その後、利息がついているはずですから、換金すれば$50よりは多く返ってきます(でも、$100にはまだなっていないでしょう)。現時点でいくらの価値になるかは、TreasuryDirectのサイトで調べることが出来ます。

http://treasurydirect.gov/BC/SBCPrice

多分、$56、7くらいの価値だと思います。

額面が$100のEE Bondをその価値があると言って渡したのであれば不愉快ですよね。

ところでEE Bondは記名式なので、ご自分の名義になってないといけないはずなのですが、どうなっているでしょうか?確認されることをお勧めします。


Re: EE Bond について らら - 2008/06/22(Sun) 16:08 No.5128  

Nobu さん、返答ありがとうございました。
やっぱり、$100の価値はないのですね。$100と言われたのでその価値があるのだと信じていました。たった $50 ではありますが本当にショックというかなんというか・・・。

EEBond は私の名前になっています。ファイナンシャルアドバイザーと会うアポイントを電話で取って、会った時点でアドバイザーが準備していました。

Bond について勉強するいい機会になりました。ありがとうございました。


住宅購入について 投稿者:英子 投稿日:2008/06/19(Thu) 10:10 No.5122  
はじめまして。

米国に引越してきたばかりです(主人は米国人です)が、住宅を購入しようとしています。頭金として使おうと思っている貯蓄は現在イギリスに残してあります。(イギリス在住であったのと、イギリスの銀行の金利がよかったためです)

掲示板で検索したところ、「住宅購入の場合、頭金が自己資金かどうかでローンの審査が変わる」ということと、住宅購入資金の援助のところで、「頭金とはみなされるが、ローンの申請の3ヶ月以上前に金額を移動しないと、自己資金とみなされない」とありました。

これは、銀行でローンのpre-approvalを取る上で必要なことなのですよね?


今回、初めての住宅購入となりますが、主人はあまり本を読みもせず、もう会社の勧める銀行からpre-approvalを取ってしまったようです。

まだオファーもだしていないのですが、これは、ローンの審査が通ったと考えてよいのですよね?

pre-approvalはNobuさんが「上限を予算内にするのが価格交渉でも有利」と教示されていましたが、主人はあまり深く考えもせず、私達が決めている上限額以上のpre-approvalを取っています。恐らく住宅の販売価格の値段をそのまま銀行に提出したところ、そのままpre-approvalが取れてしまったという模様です。

pre-approvalは値段を下げての取り直しができるのでしょうか?値段交渉時にこのpre-approvalの書類は提出するのでしょうか?

「住宅」の項目については一通り目を通しましたが、初心者がこれだけは注意しておいた方がいい、というようなことがもしあれば、ご教示いただきたいのですが。

今、私は大急ぎで住宅購入の本を読んでいますが、今週末にも主人が不動産担当の方と会って、オファーの話をするようなので何かアドバイスがあればよろしくお願いいたします。

皆様に比べると、掲示板に書くのも恥ずかしいくらい何も知らないのですが、何か良い知恵でもお借りできればと思い、投稿しました。

よろしくお願いいたします。


Re: 住宅購入について Nobu - 2008/06/20(Fri) 10:41 No.5123  

家を買うのはその人その人で考え方も違えば、手順も違うので絶対と言うことはありません。最終的に欲しい家が欲しい条件で買えれば良いので、私が書いたことも含めて、「そういうこともある」くらいに取っておいたほうが良いかもしれませんね。

既にPreapprovalをもらっているのであれば、自己資金かどうか、という部分は既にクリアしていると思います。ただ、本当にPreapprovalなのか、Prequalificationではないか、確認しても良いでしょう。

価格交渉に関してですが、今は買い手市場なので、Preapprovalの金額が高すぎるから、それだけで不利とは言えないかも知れません。ただ、それを見た相手が「この人はここまで払えるんだ」と理解することは間違いないと思います。相手が最初のオファーを拒否しても、慌てないほうが良いと思います。


Re: 住宅購入について 英子 - 2008/06/22(Sun) 15:30 No.5127  

ご回答頂きありがとうございました。

ローンは既にpreapprovalが取れているので(確認しました)、主人と検討した結果、明日にでもオファーを出してみることにしました。

Nobuさんの話を不動産の担当の方に伝えて、今自分達が持っているpreapproval letterには自分達の上限以上の金額が記入されているので、月曜日に再度同じローン会社から今より低い額のpreapproval letterをもらうつもりだ、と言いました。担当者の方もその方が得策かもしれない、と言っていました。

価格交渉にはnobuさんの助言通り、慌てずに臨みたいと思っています。ありがとうございました。


海外在住の日本人が日本の健康保険を維持したい場合
 投稿者:キャマサー 投稿日:2008/06/11(Wed) 10:16 No.5112
 
在米5年、もうすぐ米国民との結婚を通じて永住権を取得します、キャマサーと申します。よろしくお願いいたします。

今まではF1ビザで学生、テンポラリーな身分だった為住民票は抜いていなく、そのまま実家の親の社保扶養家族の状態で日本の保険を維持しておりました。しかしこれからアメリカで仕事に就き永住権も取りますので、当然実家の扶養家族からは外れます。これからも日本で保険医療を受けたいので国保に変えようと思いますがこれは可能なのでしょうか?

アメリカでの保険はありますが、持病の為、今まで診てもらっている日本の先生にあと少なくとも数年は引き続き診てもらたいのです。今までも年4回は日本へ短期帰国しておりました。

短期に一時帰国する時のみ住民票を戻すやり方もあるそうですが、万一出来なかった場合困るのであと数年はいつでも日本で医療を受けられる状態にしたいというのが希望です。果たして米国永住している者にそれが可能なのか、さっぱり分かりません。

−結婚して米国永住権保持者になり、実際米国に住んでいても住民票を日本(実家)のままに出来るのか?

ご存知でしたら教えて頂けないでしょうか。


Re: 海外在住の日本人が日本の健康保険を維持したい場合
 Nobu - 2008/06/12(Thu) 13:13 No.5114
 

短期に住民票を戻す、という方法は多くの自治体で困難になりつつあると聞きました。本当に住んでいるかの確認が厳しくなったり、すぐに保険が認められなかったりするそうです(聞きずてなので、詳しくは自分の住民票のある役所に聞いてみてください)。理屈では米国に住んでいるのなら米国の保険で、ということになるでしょうね。住民票も同様です。

アメリカの健康保険でも、外国で受けた治療費もカバーされるケースもあります(自己負担は多くなりますが)。配偶者になる方の保険に追加するのであれば、今から日本での治療もカバーされるか、そのために必要な書類は何か、などを聞いておけば良いかもしれません。

持病があるということで今まで通り安心できる日本の先生に、というお気持ちは分かります。治療内容によっては日本の保険料をずっと払っていくよりも、自己負担で払ってしまうほうが安いかもしれません。


Re: 海外在住の日本人が日本の健康保険を維持したい場合
 キャマサー - 2008/06/12(Thu) 23:52 No.5116
 

Nobu様、早速のお返事ありがとうございました。

やはり確実な方法はなさそうですね。私のアメリカでの保険も日本での治療をカバーしますが、どの位実際カバーするか分かりにくく、特に数年以内に手術の可能性があるのでこのまま日本の保険を使いたいと思っていました。

日本に頻繁に帰る場合はアメリカに住んでいても住民票を残しておいてよいのか悩むところです。皆様が一時帰国の際どうされているのかよかったら教えて頂きたく思います。
ありがとうございます。


Re: 海外在住の日本人が日本の健康保険を維持したい場合
 mayano - 2008/06/13(Fri) 13:05 No.5117
 

国保に入るからには住民票が必須ですし、
住民票があるということは住民税、所得税の確定申告が必須に
なりますよね。
日本で所得がない場合、日本の確定申告における所得は
アメリカにおけるものということになりますが、
この確定申告を基にして、自治体は住民税の額を決定します。
そこでもし「この人アメリカからしか収入がない」と
自治体側が気づいた場合、居住の実態を調べられ、
国保の取り扱いが止められる可能性もないとは言えません。
私の本籍地の自治体はそのへんはゆるく、
一時帰国であっても転入届けを出し、
保険料をきちんと払うのなら国保加入もOKというところ
でしたが、両親の住んでいる自治体は最低1年は必要、
短期で抜けるなら1年分は保険料を払ってくれ、と
言われました。自治体によりけりだと思います。

ところで住民票を日本に残しておくということは、
所得税、住民税だけでなく国民年金の支払いも生じます。



Re: 海外在住の日本人が日本の健康保険を維持したい場合
 キャマサー - 2008/06/13(Fri) 16:11 No.5118
 

mayano様、どうもありがとうございました。
おかげさまで大体理解できましたので直接自治体に聞いてみようかと思います。国民年金はまだ払っております。

専門外科医のいる東京でなるべく手術を受けたいので、(アメリカ国内だと違う州に移動しなければいけない)あと数年だけなんとか日本の健康保険を維持して、その後は維持する意味はなさそうですね。

| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | |
NO: PASS:

- KENT & MakiMaki -

Copyright (c) 2002 - 2008 Nobu - All rights reserved.