2008年までご愛顧いただいた「目指せFI」ウェブサイトは2009年、「FI Planning」として全面リニューアルいたしました。

今後は新ウェブサイトをご利用いただきますよう、お願いいたします。

www.fiplanning.com

投資

長期投資としてのStock Fundでは、Stock Fund を選ぶ際にチェックするべき特徴を述べました。Index Fundはそれらの特徴を持っている、Fundです。そこでIndex Fundの詳細と、Index Fund を長期投資の中軸にするための計画について考えていきましょう。

1. Index Fundの仕組み

Indexとは?

インデックスとは、簡単言えばいくつもの株の平均価格です。例えばDowなら30社の株価をすべて足し、30で割ればインデックスになります。実際にはいろいろと調整しますので、この方法では今のDow平均株価とは同じ値になりません。初めてCharles Dow がこのインデックスを計算した当時は12社の株価の単なる算術平均でした。今では株の分割や会社の変更などでもインデックスが突然違う数字にならないように調整しています。しかし単純な価格の平均という性質は変わっていません。

これに対して、S&P500などのインデックスは価格の単純な平均ではなく、その株がどのくらい発行されているか、という要素も加味しています。例えばA社の発行済み株数が1億株で、B社の発行済み株数が10億株の場合、(A社の株価 x 1億 + B社の株価 x 10億)÷ (11億)が平均株価になります。つまり、発行量に応じた加重平均と言えます。Wilshire 5000 Index などもこの方法で計算されています。

Index Fund とIndex

Index Fundは指標となるIndexと同じ値動きになるように投資するFundです。例えばS&P500を指標とする場合、S&P 500 Index が5%値上がりしたら、そのFundの価格も5%値上がりします。つまり、S&P 500 Indexが1000から1050になったら、$100のIndex Fundは$105に値上がりします。

Index Fundが指標とするインデックスが加重平均で計算される場合、そのFundもそれに応じた株数を保有します。上記のA社とB社の場合、発行済み株数は1億株と10億株です。そこで、これを指標とするFundは例えばA社を1万株、B社を10万株、保有して発行済み株数の割合と同じにします。S&P 500 Indexを指標とするFundなら、500社の株をS&P 500 Indexと同じ割合で保有します。

ところが、Fundによっては必ずしもインデックスと全く同じ株を保有しません。Wilshire 5000は(5000という名前にも関わらず)およそ7000社の株のインデックスです。そのうち、取引量が多くて発行済み株数も十分にあるのは上位4000社程度です。それ以下の株は発行量が少ないのでわざわざ買う必要がないか、取引量が少ないので手数料を考えると買うだけ損になる場合があります。そこで、Wilshire 5000 を指標とするFundは、このインデックスと同じ値動きになるように株を保有します。上位4000社程度を保有すれば、インデックスとほぼ同じ値動きになります。FundのProspectus(目論見書)を見てインデックスと同じ株を保有していない場合はこういった理由もあることを思い出してください。

Index Fundがお得な理由

Index Fund はその仕組みそのものが、Mutual Fundとして有利な点になっています。Stock Fundを選ぶときのポイントで長期投資としてのStock Fundで解説した特徴をいくつも持っています。

まず、Expense Ratio が低いことが挙げられます。Index Fundは指標となるIndexを元に株を保有しています。いくら保有するか、いつ売り買いするかなどはインデックスに基づいてコンピューターで自動的に計算します。そのため、株のリサーチ費用などが少なくてすみ、結果として経費(Expense)が少なくて済みます。

2つめにDiversification(分散投資)があります。Indexは元々数多くの株を含みますので、その分、特定の会社に偏らずに投資ができ、Diversificationが実現できます。個々の会社のリスクを減らす事ができるのです。ただし、Indexであればどんなものでも良いわけではなく、例えば Small-Cap Index などは資本金の少ない会社だけに投資していますので、偏った投資になってしまいます。Indexは偏りのないものを選びましょう。

3つめのメリットは税金の抑制効果です。Turnover Rateが高くなるとその分、税金の負担が増える事は前に説明しました。Index Fundの場合は、Indexにしたがって株を売り買いします。インデックスに含まれる株はほとんど変わりませんから、一度買ったらずっと保有しつづける(=キャピタルゲイン税が発生しない)ことになります。新たにFundに追加された資金や、Fundを売った人への現金など、ある程度は売り買いをする必要もあります。それでもActively Managed Fundと呼ばれる、積極的に売り買いするFundに比べれば、不必要な取引がありませんから、その分、節税効果は高いのです。

2. リスク

市場リスクと企業リスク

リスクにはさまざまなものがありますが、株式に投資するときに重要になるのは市場リスク (Market Risk)と企業リスク (Company Risk)です。市場リスクは、株式市況全体に関するリスクで、不況になれば市場全体の株価が下がり、好況になれば上がるということです。それに対して企業リスクは、個々の企業が持つリスクで、例えば経営陣が企業の舵取りを失敗するリスクです。

個々の企業は、企業リスクと市場リスクの両方にさらされています。企業が経営を間違えば、その企業の株価は下がります。しかし、経済全体が低迷したらいくら良い経営をしていても市場に釣られて株価が下がることがあります。個別株を買うと言うことは、この企業リスクと市場リスクの両方をとることになります。

個別FundとIndex Fund

それではMutual Fundを買う場合のリスクはどうなるでしょうか?Mutual Fundでもファンドマネージャーが積極的に利益を追う個別Fund (Actively Managed Fund)は、そのファンドマネージャーがリスクになります。マネージャーが方針を誤り、損失を出す場合もありますし、逆に見た目の利益を上げるために運用先を安全なものにしてせっかくの利益を見逃す場合もあります。確かに多くの株を持つことで企業リスクは分散されますが、そのFund固有のリスクは無くなりません。

Index Fundの場合、そのファンドマネージャーの仕事は指標となるFundに合わせて資金を運用することです。Indexにもよりますが、マネージャー自身の方針で損失が発生することは少なくなります*1。IndexでもDowやS&P500など場合は、そのIndexを決める人の判断リスクがあります。さらに多くの株式を含み、機械的に決まるIndex(Wilshire 5000)などは、こういったリスクがほとんどなくなります。つまり、Index Fundの場合は企業リスクを減らし、市場リスクだけになります。

どのリスクを取るか

このように個別株には企業リスクが、個別Fundにはファンド運営のリスクがあります。もちろん、リスクに見合うリターンが見込める場合もあります。もし、投資目標がリスクを取ってもいいから高いリターンを狙う、ということなら個別企業やFundに投資する意味はあるでしょう。

しかし、投資目的が長期的な運用で資産を増やす、リタイアに備えて資金を貯える、子供の大学資金にする、など高いリターンを目指すこと自体が目的でない場合もあります。できるだけ運用成績がよく、かつ余計なリスクを取らない効率の良い投資を目指すなら、企業リスクやファンド運営のリスクをできるだけ無くすIndex Fundがいいでしょう。つまり、Index Fundに投資するの場合は市場リスクだけを取り、リターンは市場の平均を狙う、と言うものです。

なぜ市場リスクだけを取るのが良いことなのでしょう?例えば個別Fundに投資して、その分リターンを狙ったとします。もちろん、その分リスクが増えます。ところが、リスクを取っても、それに見合うほどリターンが増えないことがほとんどなのです。例えば、リスクを5%余計に取っても、望めるリターンは2%しか上がらないのです。それに対して、市場リスクだけを取れば、確かにリスクはあるのですが長期的に見ればリスクに見合うリターンが望めます。他の投資(債券など)に比べてリスクを取った分、リターンが増えるのです。同じリスクを取るなら、それに見合うリターンを一番効率よく得られる方法=Index Fundがいいのです。

3. ドルコスト平均法(Dollar Cost Averaging)

Dollar Cost Averaging = DCA とは、継続的に投資し、証券購入のコストを平均化してリターンを効率よく狙う方法です。一定額を継続的に投資することで、価格が高いときは少ない株数を、価格が安いときには株数を多く購入することで平均価格を下げます。

例えば、毎月$100を投資するとします。株価が$10の月は10株を購入します。次の月に株価が下がり、$5になると同じ$100でも20株、買えます。その後、株価が上がり$20になれば5株だけ買います。3ヶ月間の平均株価は$11.67ですが、自分の所有している株価の平均は$8.57になります。

これはMutual Fundでも同じことです。FundのNAV(Net Asset Value)が低いときには多くのShareを、高いときには少なめのShareを購入していくことになります。このように毎月一定額を投資することで、投資の基本である安いときに多く買うことが実践できます。

4. ETFの仕組み

ETFとは?

Exchange Traded Fund (ETF=上場投信)とは、株のように取引されているMutual Fund(投資信託)と思えば分かりやすいです。ETFは全体として決まった数の株を保有し、Fund自体を債券化して市場で取引できるようにします。

ETFは執筆時点ではすべてIndex Fundになっています。指標となるIndexはS&P 500、NASDAQ100、Wilshire 5000 などさまざまです。また、Bond Indexを指標にしたBond FundのETFも最近、取引が開始されました。いずれの場合もIndexという、公開された情報*2を元にFundを作っています。

ETFとMutual Fundの違い

Mutual FundとETFの一番の違いはMutual Fundは1日の取引終了後に価格が決まり、その価格で売買されますが、ETFは株のように証券取引所で絶え間なく取引される事です。この特徴のため、ETFはMutual FundではできないLimit Order(指値注文)ができます。また、株と同様に取引されているので、Short Sell(空売り)やMargin Purchase (信用取引)などもできます。

Mutual Fundは資金の増減に応じて、株を売り買いします。誰かがMutual Fundを買えば、その分資金が増えるので株を買い足し、誰かが売れば、その人に現金を渡さなければいけないので、株を売ります。それに対してETFは最初に株をまとめて保有し、その後は売り買いしません*3。ETFを買うと言う事はETFが保有する株全体の一部分を保有しているのと同じ事です。株の売り買いをしませんから、ETFの価格はその保有株の変動で決まります。

ETFの利点

ETFの利点は、主に株をほとんど売り買いせずに、ずっと保有する事によって発生します。まず第1の利点は、株を売り買いしませんから、手数料が掛かりません。また、どの株を売るか買うか、という判断も必要ありませんから、管理が楽で、管理費が掛かりません。つまり、一度ETFを作ってしまえば後は放っておいてもいいのです。そのため、経費(Expense)が低く抑えられます。Expenase Ratioを比べてみれば、ETFは0.2%以下のものがあり、普通のIndex Mutual Fundよりもさらに投資効果が高くなります。

ETFは節税効果も高くなります。Index FundはもともとTurnover Rate(株を売り買いする比率)が低いため、Capital Gainの発生が抑えられます。そのため、Capital Gain Taxも少なくて済みます。しかし、いくらIndex Mutual Fundでも、Fundから引き出す人がいれば、株を売らなければならず、Capital Gainが発生してしまうことがあります。それに対してETFは、ETFを売る投資家は市場で他の人にETF自体を売ることになり、ETFが保有している株の売り買いは発生しません。そのため、不必要なCapital Gainが発生しませんから、その分、税金を低く抑えることができます。

ETFの欠点

ETFの欠点は、あえて言えばその利点のために発生する、といって良いでしょう。ETFは経費が低い代わりに、証券取引所で取引され、購入/売却には証券会社への手数料が発生します。株の取引と同様に手数料が掛かるわけです。

取引手数料が掛かるため、小額の投資には向いていません。$1000分のETFを買って、$25の取引手数料が発生すれば、2.5%の経費が掛かったことになります。これでは折角の Low Expense Ratio が無駄になってしまいます。同様に毎月一定額を投資していく方法、Dollar Cost Averaging にも向いていません。毎月、投資するたびに手数料が取られるからです。こういった場合はAutomatic Investmentなどができる従来のMutual Fundが良いでしょう。

ETFは証券取引所で普通の株と同様に取引されていますから*4、Short Sell(空売り)など、株と同じ取引ができます。これは利点ともいえますが、そのためにETFを短期的な投資(投機)として使う人が多いのも事実です。ETFはExpense Ratioや節税効果など、長期的に保有したときのメリットが多いのですから、株の短期取引と同じに扱うのはどうかと思います。

ETFの投資スタイル

上記のような特徴から、ETFが向いている投資スタイルが見えてきます。まず、長期間、ずっと保有することがETFの利点を引き出す一番の方法でしょう。低い経費、節税効果を活かせます。また、ETFはリタイアメントプランの外で運用したほうが良いでしょう(つまり、普通の投資)。リタイアメントプラン(RothIRA以外)は引き出す際にOrdinary Income Taxが掛かりますが、普通に運用した場合は値上がり分はCapital Gain Taxになります。Capital Gain Taxは20%ですから、こちらのほうがOrdinary Income Taxを取られるよりも有利でしょう。

ETFを購入するのは、取引に株と同様の手数料が掛かることから、大きな額をまとめて投資し、その後は長期間保有する場合に向いているでしょう。最低でも$1000(手数料が$25なら2.5%)、できれば$10,000以上を目安にしましょう。投資期間は最低でも5年以上、リタイアまで時間のある人は、リタイアが近くなりまでずっと保有しているのも良いでしょう。

5. 購入計画

それではIndex Fundに投資をするとき、どのように買っていけばいいのでしょうか?Index Fundは効率よく市場全体に投資し、長期的なリターンを狙うものです。ですから、効率が悪いこと(Load Fundや手数料、短期の売り買いによる税金)を避ける方法が基本になります。

継続的に投資するならドルコスト平均法を使って、毎月一定額を投資するのが基本になります。逆にまとまったお金を一度に投資するのなら、できるだけ安いコストで一度に購入することになります。いずれの場合もコストを抑えるため、No-Load FundでExpense Ratioができるだけ低いものを選びます。さらに企業リスクを減らし、市場全体に投資するためにWilshire 5000 IndexをベースにしたFundに投資するといいでしょう。

Mutual Fundを買ったことがない人や、自分で調べたことがあまりない人は、具体的にどの会社のどのIndex Fundにしたらいいか、迷ってしまうかもしれません。そこで、No-LoadでExpense Ratioが低いと言う条件に当てはまるWilshire 5000 IndexをベースにしたFundの例を、投資額やスタイルで分けて紹介します。

初期投資$3000以上で継続的に投資する場合

2/3/2003 訂正

Vanguard Total Stock Market Index Fund (VTSMX)

初期投資額は$3,000で$50単位で自動投資(隔週、毎月など)ができます。No-LoadでLow Expense Ratio (0.20%)*5です。ただし、$2.50/四半期のMaintenance Feeが掛かります($10,000以下のバランスのとき)。

初期投資$0で毎月$50以上、継続的に投資

T. Rowe Price Total Equity (POMIX)

このFundが私が調べた中で一番金額が低くて始められるWilshire 5000 IndexをベースにしたFundです*6。Automatic Investmentで銀行口座から自動的に毎月投資する場合、$50から始めることができます(つまり、$3,000の初期投資がなくても始められる)。このFundも、$2.50/四半期のMaintenance Feeが掛かります($10,000以下のバランスのとき)。また自動投資を止めても構いません(ただし$2000以上口座にないと$10/年のFeeが掛かる)。小額で始めたい人に向いています。

一度に$1000以上投資して、継続しない場合

Vanguard Total Stock Market VIPERs (VTI)

継続的に投資(= Dollar Cost Averaging)ではなしに、一度に投資する場合、ETFがExpense Ratioで有利になります。VTIの場合、脅威の(!)0.15%です。ETFは株のように取引されるので、証券会社の口座を開き、成り行き、または指値で買います。

この情報は9/9/2002現在のものです。このページの著者およびウェブサイト管理者は投資の結果には責任を負いません。ご自分の責任で情報をご確認くださるようお願いします。

*1 : ゼロにはなりません
*2 : 無料という意味ではありません。FundはIndex使用料をIndexを決めている会社(例えばS&PやDow)に払っています。
*3 : 実際にはIndexの変動などである程度の売り買いはあります。
*4 : ほとんどのETFは現在、American Stock Exchangeで取引されています。
*5 : Wilshire 5000 以外のIndexであれば、これよりも低い経費率のFundはあります(VFINX)。Special thanks to Trevor-san.
*6 : 2006年8月の時点では、ここで書いてある$50の自動投資だけから始められないようです。また、初期投資額は$2,500になっているようです。
Copyright (c) 2002 - 2008 Nobu - All rights reserved.